CONCEPT

DSC_9970c
NATURAL COLOR
1
NATURAL DYE

ソメヤスズキではオーガニックの綿や麻などの天然素材を、一点一点手作業で染めています。

草木染めで使う天然染料は、合成染料と比べると色合いは淡く、変退色の面でも不安定です。同じ色を染めるのは難しく、長く使うためには少し気を使わなければなりません。ちょっと特別な感じがするかもしれません。でも、草木染めはもっともっと身近です。暮らしに寄り添い、美しく変わっていく自然の色は、私たち自身のようでもあり、身体にも馴染みます。

2
MATERIAL

生地素材にはオーガニックコットンやエシカルヘンプを選び、自分たちのものづくりを通して少しでも持続可能な社会を目指しています。もの余りの時代に生まれ育った私たちが、わざわざものづくりをする意味を考えたときに、自然環境にダメージが少ない、土も栽培者も持続可能な素材を選び、自分たちも丁寧に染め上げて小物や服などの衣食住にまつわる布製品に仕立てる。皆様に選んで使ってもらえるように、自分たちのものづくりの質を高めることで目指す未来を作っていきたいと考えています。

3
LOCATION

ソメヤスズキの拠点となる工房は岡山県北の里山にあります。
東京からこの地に移住して来たことで暮らしの環境が大きく変わり、冬の厳しさや心弾む春の到来といった四季の移ろいを肌で感じられるようになりました。山や川、豊かな自然に囲まれた暮らしの中で、私たちは自然と草木を使って染めるものづくりを始めました。不定期で行っている『季節の草木染めワークショップ』では、アトリエ近くに生えているその時々の植物を使って草木染め体験ができますが、それもこの里山の環境があるからこそできることです。
アイテムの一部はこの土地で育った矢車附子や契約栽培したマリーゴールドを使用して染めています。今後も場に根ざしたものづくりとなるよう、染料の自給や採集を拡げていきたいと思っています。

4
DESIGN

草木染めは一般的には淡い色味で優しい印象を持たれることが多いかと思います。天然染料で出せる色には限りがありますが、それでも自然から生みだされる色は独特の深みがあってとても魅力的です。この自然の色をより身近な存在として暮らしの中に取り入れてもらうために、私たちは現代のライフスタイルに沿ったデザイン性の高い衣服や生活雑貨などのアイテムに仕立てていきます。飽きられて捨てられるようなものではなく、ずっと永く、子ども達や孫たちにも受け継がれていくようなものづくりを続けていきたいと思います。

そして、できる限り手作業で。
一つの布製品が出来上がるまでには非常に多くの工程を経て作られます。その一つ一つを機械化すれば効率よく大量に作ることが出来ますが、人の手で描く線や縫い目などの手の跡は、草木染めの色と同じように、私たちが自然の一部であることを思い出させてくれるような気がします。

ちょっと手間のかかる方法を選んでいますが、この思いを大切にものづくりを続けていきたいと思います。